毎日の洗顔で美白になる【若々しい肌で自信が持てる】

レディー

肌に効果的な成分です

化粧品

3つの種類があります

ビタミンcは抗酸化作用や美白など、美容面でも大切な働きを持っていますが、これだけでは不安定で壊れやすいため、人工的に安定化させたものがビビタミンc誘導体です。この成分は皮膚への浸透力を高めるものなので、化粧品に入れた場合、大きな効果を上げることが考えられます。これには「水溶性」、「油溶性」、「両性」の3種類があり、水溶性は表面に早く浸透し、油溶性は角質層までゆっくりと浸みこみ、両性はすみずみにまでたっぷりと浸透します。この中でも特に化粧品向きと考えられるのは「両性ビタミンc誘導体」で、広い範囲に浸みるだけでなく持続性にも優れているというメリットがあります。そして、これらを化粧品で使うと、ビタミンcを効果的に肌に取り入れることが可能となり、シミやソバカスなどを防いだり、肌がみずみずしい弾力を持つようになります。さらに化粧品として効果を上げるために、この成分以外の肌に良い成分も配合して相乗効果を期待するという方法があります。この場合の成分としては保湿成分のヒエルロン酸やコラーゲン、抗酸化成分のビタミンEなどがあり、これらをビタミンc誘導体と共に使うと、一層肌になじむ化粧品になります。また、ビタミンc誘導体を使った化粧品をより効果的なものにするには、バランスの良い食生活にして、ビタミンAなどの他のビタミンも摂るようにすると良いでしょう。さらに、質の良い睡眠をしっかりととるようにすることも肌の健康に役立つものであり、ビタミンc誘導体入りの化粧水の効果を上げりことが期待されるはずです。